健康な髪を作るには時間がかかる?

きちんと育毛を続けていると、いつかはその成果が出るはずです。それが現れるのは、生え際やおでこといった部分に産毛が生えることでしょう。それぞれに違いはあるものの、育毛薬で薄毛治療をしている場合、だいたい3ヶ月から半年ほど続けていれば、産毛が生えているのを見付けられるかもしれません。こうして新たに生えた毛髪が抜けずに成長し、健康的な髪の毛にすることで、育毛治療の結果をしっかりと認識できるようになります。ワカメに育毛効果があると、信じている方も多いのではないでしょうか。広く流布しているこの噂ですが、実際のところ、科学的な根拠はなく、ワカメそれ自体を食べても薄毛や抜け毛が改善するわけではありません。海藻類の成分で育毛を促す可能性があるものといえば、ヨウ素とフコイダンと言えるかもしれません。甲状腺機能の回復や免疫力を高める働きで全身の身体機能を向上させるので、体質自体を育毛に適したものに変えるということなら効果があると言えるでしょう。昔から、ワカメを食べると髪が増えると言われていましたが、海藻類はヨウ素などの栄養素が含まれているので、健康には良いもののこれといって発毛を促すような作用は認められていませんでした。でも、海藻のフコイダンと呼ばれる成分が毛髪を成長させる毛母細胞を活性化させるIGF-1の素になっていることが解明されたのです。IGF-1(ソマトメジンC)は、海藻類以外にも、大豆製品や唐辛子などの食品を摂取することでも作られることが分かっています。ケラチンという名前を聞いたことがありますか?これは髪を構成する主成分です。ケラチンは合わせて18種類ものアミノ酸が結合してできた集合体なので、頭髪を健康にするためには、そもそものアミノ酸をいかに摂取するのかということがポイントになります。ケラチンとなる18種類のアミノ酸には、体内で合成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸も含まれており、毎食時に意識的に摂るようにすると良いでしょう。どのような食品に必須アミノ酸が多く含まれているかというと、大豆や乳製品が挙げられます。ある育毛剤を使いたいと思っても、処方箋がなければ購入できないことがあります。しかし、外国から輸入することで簡単に使うことができます。しかし、国内で規制されているということは、かなり強い作用が現れることになります。もし体に合えば、効果を実感しやすくなるでしょう。けれども、副作用も強くなるというリスクもあります。その他にも、詐欺や粗悪品を買わされたといった被害もあるので、自己責任だということを理解したうえで利用しましょう。血行不良が冷え性や肩こり、頭痛の原因になることはみなさんご存知だと思いますが、実は、頭皮にまで悪影響を及ぼします。頭皮の血流が減少すると髪に行きわたるはずの栄養が届かなくなってしまうのです。その結果、毛髪がやせ衰えて抜けやすくなり、どんどん薄毛の症状が加速してしまいます。血行の改善が発毛や育毛で重要視されるのはこのためなのです。マッサージをしたり血行を促進する効能のある温泉に浸かることで薄毛対策をしておくと良いでしょう。とくに薄毛に悩んでいる訳ではない人も、自然脱毛といって、髪の毛が1日当たり100本近く抜けることは普通にあります。その時の季節で抜け毛は増加したりもしますし、生えやすくなったりもします。ちなみに、一年の中で抜け毛が多くなるのが夏の終わりです。これは、梅雨の湿気と真夏の強い日差しによって頭皮自体にダメージが蓄積されているのと、動物的な本能として秋や春などの季節の変わり目は、古い毛が抜けて新しい髪の毛が生えやすい時期と重なるからです。家電を利用して、髪の悩みを解消するのも良いでしょう。安価なものではドライヤーやヘッドスパ、高価なものでは家庭用レーザー育毛機器といった髪への効果を売りにした家電製品が続々と発売されています。なお、ドライヤーやヘッドスパですが、この機器自体で発毛を促すというわけではなく、頭皮の状態を改善し、育毛に適した頭皮に変えるという、サポート役で使われています。髪の毛をセットする際に使われる整髪料ですが、育毛を考える上では、あまり好ましいものではありません。空気中の埃が整髪料によって髪に付着しやすくなり、通常のシャンプーでは洗いきれない可能性が高く、頭皮に付いたまま残ってしまうと頭皮にストレスがかかって、髪の成長に悪影響を及ぼします。ですから、整髪料を使うのなら、極力、頭皮部分には触れないタイプの整髪料を使い、丁寧な洗髪を心掛けるようにしましょう。育毛には適切な栄養の摂取も必要です。中でもたんぱく質、亜鉛、ビタミンB群の3種類が、髪の悩みの解決に欠かせない栄養素だと言えます。例えば、たんぱく質はアミノ酸の結合体であり、そのアミノ酸が、毛髪の主成分であるケラチンを作りだします。そして、アミノ酸からケラチンを合成するために亜鉛を十分摂取する必要があります。ビタミンB群の役割は、発毛や成長のキーとなる毛母細胞の働きを活発化させます。食品の例を挙げると、たんぱく質は大豆製品に、亜鉛は牡蠣に多く含まれ、ビタミンB群はレバーあるいは緑黄色野菜といった食品に含まれているため、バランスよく摂取してください。
サラサラになる洗い流さないトリートメントでつるサラヘア♪